永代供養 利用規約

永代供養墓 使用規定|永代供養 神奈川 鎌倉 江ノ島 宝善院

永代供養墓使用規定

永代供養墓 使用規定
第一条 名称と管理・運営について
①宝善院十一面観世音菩薩永代供養墓納骨霊廟は、「宝善院十一面観世音菩薩永代供養霊廟」と称する。
(以下「永代墓」という)
②永代墓の管理・運営は、宗教法人宝善院「以下 等寺」という)がこれにあたる。

第二条 ご納骨のお申し込みに際して
①永代墓に納骨し永代供養を受ける場合、当使用規定を遵守すること。(以下「規定」という)
②当寺と仏縁を結ぶことを希望し、当寺住職が承認した方は、国籍や以前の宗教・宗派の別を問わない。
③生前申込者は、当寺所定の申込書に必要事項を記入し、立会人1名と連署・捺印の上、申し込むこと。 ④申込時に永代墓の「永代使用許可証」を発行する。
⑤生前申込者とその関係者は、当寺が主催する法要、行事、研修の会などに積極的な参加が望ましい。

第三条 ご納骨される場合に
①永代墓に納骨のご遺骨は、当寺が存続する限り永代に渡って供養を受ける。
②納骨の前には当時または他寺において必ず仏式の授戒を受け、戒名を授かっていることを要する。
もし授かっていなければ、住職と話し合いの上、当山にて授戒をする。
③生前契約、同じ墓所への追加納骨の場合、当山で授戒、執行した者以外は許可しない。
④納骨は随時受け付けるが、その申込みの際、地方自治体の長等が発行した火葬許可証または葬儀許可証を提出すること。
⑤事情の如何を問わず、一旦納骨したご遺骨は返還できない。但し、個別納骨壇に収蔵中のお預かりしているご遺骨はこの限りではない。
⑥永代墓には火葬した人骨および代替の土塊のみ収めることができる。
⑦個別納骨あつかいのご遺骨は、「規定」特約条項において確定した最終祭祀者との約定の年限終了をもって合祀納骨室に奉安する。
⑧永代墓に納骨の際には、納骨証を当寺が発行する。

第四条 永代墓のお供養・ご回向について
①永代墓の法要・儀式は当寺が執行する。
②永代墓に埋葬された遺骨の霊位名を当寺の永代供養納骨台に記入し、当寺本堂内で奉置する。
③春秋彼岸会において、永代墓前で納骨清霊位を慰霊するための法要を厳修する、
④個別のご回向は、それを望む関係者と当寺でもって別途に約定する。

第五条 冥加料のご清納について
①個別納骨冥加料、合祀納骨冥加料、永代回向冥加料等は当寺が各々別途に定めるところによる。
②納骨に先立って本条①に定める冥加料を、当寺が指定する方法で清納すること。
③前項の各冥加料は、社会経済情勢によって将来変更されることもあるが、一旦申し込み後に追加冥加料の清納を求めることはない。
④一旦納入された冥加料等は、理由の如何を問わず返還できない。

第六条 ご葬儀・法要について
①生前申込者の葬儀法要等は、原則として当寺住職が執行する。その詳細については、あらかじめ関係者が協議の上決定し公正証書を公証人役場において作成する。但し、故人との間に、生前に前記の手続きを得た約定はそれによって行う。

第七条 その他
①申込者が当寺の境内墓地に墓碑石を設置している場合は、その墓石を現状復帰し、当該永代使用権を返却すること。但し、特別の事情があり、当寺住職がそれを認める場合は、この限りではない。
②代使用許可証(第二条④)および納骨証(第三条⑥)を紛失または汚損した場合には、当寺が定める再交付申請書を当寺に提出し、再交付を受けること。再交付後の旧許可証は、その効力を失う。
③天災・地変など不可抗力による永代墓施設等の損壊については、当寺は一切責任を負わない。
④墓地埋葬に関する法律並びに鎌倉市条例の改正の場合、各々の改正法規に従う。また、当規定を改正する場合、予め申込者宛に郵便ハガキまたは封書を用いて通知する。なお、永代墓規定の改定が、申込者にとって不利益となる恐れがある場合、あらかじめ申込者の理解を得ることとする。
⑤当規定に定めのない事項については、そのつど当寺と円滑な協議の上、関係日本国法規を準用する。

以上

宝善院

〒248-0033
神奈川県鎌倉市腰越5-13-17
TEL 0467-31-8010
江ノ電:鎌倉高校駅前・腰越駅
    徒歩10分
モノレール:片瀬山駅・目白山下駅
     徒歩10分
駐車場:有(20台)

詳しい情報はこちら